2017/12/25

今年最後の情報ブログ更新。

今週28日木曜日で年内の営業を終えます。
情報ブログ更新は本日を最終更新とさせていただきます。
 
一年間有難うございました。
拙い情報ですが、来年もどうぞ宜しくお願いいたします。
 
現在、年内最終納品分と年明けの初荷などの加工に追われております。
その合間をぬって年賀用の干支スポンジも抜いております。
年始よりお配りいたします予定です。
 



<冬季休業のご案内>


20171229(金)201714()まで
 
※28日は大掃除の為、荷受け、発送、配達は出来ません。
 
年明けは1月5日より営業いたします。※1/6.7.8はお休みです。
 
営業時間
8:00~12:00 13:00~16:30
 
休業日
土日祝お休み


水耕栽培向け育苗用培地『水耕栽培用ウレタンマット』のことなら ↓ http://www.tomiyamass.co.jp/

2017/12/22

葱の種類。

昨日の記事写真に出ていた葱。
葱にも種類がたくさんありまして、ふぐ料理にはあさつきが使われます。

水耕栽培で主に使われるのは、葉葱(青い部分が多いねぎ)の通称小ねぎと言われている物です。
では、あさつきとの違いはというと一番の違いは作る元が種か球根かの違いになります。
小ねぎは商品名として万能ねぎなどとも言われ、写真の黒い粒のタネを蒔きます。

 
あさつき(浅葱)やわけぎ(分葱)などは写真の様な球根から作られます。
 
昨今では根菜類も作られている水耕業界ですが、
球根をウレタンマットに植えるのはこの先もないだろうなと思います。


都合により、年内のブログ更新は来週月曜日を最終とさせていただきます。
 

水耕栽培向け育苗用培地『水耕栽培用ウレタンマット』のことなら ↓ http://www.tomiyamass.co.jp/

2017/12/21

商業会忘年会。

先週、ウレタンフォーム商業会の忘年会に出席してきました。
都内のふぐ料理店で毎年同時期同場所同時刻スタートで開催しています。
メーカーさん、加工屋さん、機械メーカーさん、出版会社さんが集まりお鍋を囲みながら1年の活動報告会。終始和やかな会となりました。



ふぐのお刺身の上には、必ずねぎが乗っています。
ふぐ料理にはこの細い「あさつき(浅葱)」が使用されます。
こちらは水耕栽培では作られていない品種です。

この続きは明日。




水耕栽培向け育苗用培地『水耕栽培用ウレタンマット』のことなら ↓ http://www.tomiyamass.co.jp/

2017/12/20

寒いと加工難。

有償支給のプロファイル品材料が入荷しました。
プロファイル部分にブレが出ている物ありました。
 
低反発ウレタンフォームは、温度で硬さが変化します。
なので真冬の加工は大変なのです。
 
弊社でも時折低反発のスライス加工を行いますが、
やはり温度の影響を受けます。
温かくなったらご注文下さい。と言いたいのは山々ですが。。。
 




水耕栽培向け育苗用培地『水耕栽培用ウレタンマット』のことなら ↓ http://www.tomiyamass.co.jp/

2017/12/19

こんなところにウレタンフォームや発泡体の緩衝材。

本日もこんなところにウレタンフォーム。
 
1パック999円の高級イチゴあまおうの下に大きめのウレタンフォームが。
 
1000円ではなく999円。
こちらのお店は都内の高級スーパーマーケット。
たまたま通りがかったのでチェックしてきました。
高級スーパーに来るようなお客さんでも1円ここ大事なんですね~。
 
ウレタンフォームの業界では1L単価の表記が〇〇円〇〇銭。
1円ではなく10銭20銭が大事なんですよ~。
 
 
 
 


水耕栽培向け育苗用培地『水耕栽培用ウレタンマット』のことなら ↓ http://www.tomiyamass.co.jp/

2017/12/18

こんなところにウレタンフォームや発泡体の緩衝材。

久しぶりのこんなところにウレタンフォームです。
 
めんたいこ、たらこの下にウレタンフォームが。
最近はお魚類の下に、ウレタンフォームが使われることがほとんどなくなりました。
ウレタンフォームよりもドリップの吸い取り性のよい優れた専門の製品が出来たからです。

※補足です。業界企業様より情報を頂きました。
「不織布は容器包装リサイクル法の対象外なので、
リサイクル費用の関係もあって、不織布に替えられたものも少なくありません。
とのこと、確かにウレタンフォームは処分方法が常に問題視されるのが懸念事項です。
S様情報有難うございました。
 
しかし、ドリップの少ないたらこ類ではまだまだ幅をきかせているなと感じました。


水耕栽培向け育苗用培地『水耕栽培用ウレタンマット』のことなら ↓ http://www.tomiyamass.co.jp/

2017/12/13

明日明後日の情報ブログお休みします。

急で申し訳ありませんが、14.15日の情報ブログをお休みします。

<冬季休業のご案内>


20171229(金)201714()まで
 
※28日は大掃除の為、荷受け、発送、配達は出来ません。
 
年明けは1月5日より営業いたします。
 
営業時間
8:00~12:00 13:00~16:30
 
休業日
土日祝お休み



水耕栽培向け育苗用培地『水耕栽培用ウレタンマット』のことなら ↓ http://www.tomiyamass.co.jp/

2017/12/12

農業祭。

地元の農業祭をチラ見してきました。
宝船のセリの真っ最中でした。
人垣で全景は見えず・・・。

水耕栽培向け育苗用培地『水耕栽培用ウレタンマット』のことなら ↓ http://www.tomiyamass.co.jp/

2017/12/11

残念。

写真は苗が根付かなかったために、産廃処分するために乾燥中のウレタンマットです。
潅水システムにトラブルがあって、気づいたときには手遅れだったそうです。
ゴミとなると途端にかさばるウレタンフォーム。
空気の塊ですから・・・。



水耕栽培向け育苗用培地『水耕栽培用ウレタンマット』のことなら ↓ http://www.tomiyamass.co.jp/

2017/12/08

新農場竣工祝賀会。

先月、お客様の新しい農場が完成しお披露目の竣工祝賀会が開かれ、出席して参りました。
大変多くの方々が参加され盛大な会が執り行われました。
 


 
新しい農場でも有難いことに弊社のウレタンをお使いいただけることになりました。
祝賀パーティーでは栽培した野菜も振る舞われました。
 
 



水耕栽培向け育苗用培地『水耕栽培用ウレタンマット』のことなら ↓ http://www.tomiyamass.co.jp/

2017/12/07

勉強会のお土産。

新しい風の会を再発足して、先日二回目の勉強会が開かれました。
http://tomiyamass.blogspot.jp/2017/11/blog-post_13.html

勉強会の都度、参加者にはお土産が配られました。
関係先にお願いして用意いただきました。

第一回はトマトの詰め合わせ。
第二回は三つ葉。

次の第三回勉強会は来年1月27日を予定しています。
お土産も考えないとです




水耕栽培向け育苗用培地『水耕栽培用ウレタンマット』のことなら ↓ http://www.tomiyamass.co.jp/

2017/12/06

収穫祭。

先日、お客様の会社で収穫祭が行われました。
障がい者雇用をされている会社で、毎年この時期に地域や関係者を招いてイベントを行います。
弊社も心ばかりの寄付をさせていただきましたら、そのお礼が届きました。

弊社のウレタンを使って栽培した野菜や、隣接する農地で作った根菜類。
葉物野菜が高い日々ですから、ありがたく頂きました。



水耕栽培向け育苗用培地『水耕栽培用ウレタンマット』のことなら ↓ http://www.tomiyamass.co.jp/

2017/12/05

野菜の生命力。

トラック荷台に乗っているのは、定植パレットに移植された三つ葉です。
ほぼペシャンコになっています。
この時期生産量を上げるために、定植後育ってきた段階で移植をします。
土耕の間引きに当る作業です。
栽培圃場内だけで移動する場合もありますが、栽培ハウスをたくさん持っている生産者さんは、
台車に載せたりトラックに積んで移動をします。

こんなにペシャンコになっても、栽培ベッドに戻して数時間で太陽の方向にちゃんと起きてきます。
野菜の生命力は毎回凄いなと思います。



水耕栽培向け育苗用培地『水耕栽培用ウレタンマット』のことなら ↓ http://www.tomiyamass.co.jp/

2017/12/04

東京オリンピックまで。

2017年11/29は東京オリンピックの開催日までちょうど1000日なのだそうです。
この日からスカイツリーは記念カラーになっております。
お昼のニュースで知り、会社帰りに見てきました。

スカイツリー周辺は出来立てとは違い、スカイツリータウン周辺の町は閑散としていました。
100円Pもガラガラ。日本人特有の流行なのでしょうか。
年末までかな?ライトアップは続くそうなのでお近くにいらした方はご覧ください。



水耕栽培向け育苗用培地『水耕栽培用ウレタンマット』のことなら ↓ http://www.tomiyamass.co.jp/

2017/12/01

2017年冬季休業ご案内。

とうとう「12月」になりました。
師走です。
残すところ1ヶ月です。
ラストスパート頑張りましょう。
 
<冬季休業のご案内>


20171229(金)201714()まで
 
※28日は大掃除の為、荷受け、発送、配達は出来ません。
 
年明けは1月5日より営業いたします。
 
営業時間
8:00~12:00 13:00~16:30
 
休業日
土日祝お休み
 
 
 

水耕栽培向け育苗用培地『水耕栽培用ウレタンマット』のことなら ↓ http://www.tomiyamass.co.jp/

2017/11/30

フレームラミネート。

接着の加工法の一つにフレームラミネート加工というのがあります。
溶融性を有する基材の表面を、ガスバーナーから出てくる火であぶると基材が溶融します。
その溶融した部分に貼り合わせをしたい素材を合わせ、加圧と冷却して巻き取る接着する方法です。

先日そのフレームラミネート加工をした素材の後加工として裏面に粘着加工をする試作を立会いしてきました。
いままで加工していたフレームラミネート加工所を変更することになり、仕上がりの確認を兼ねてでした。

発泡ポリエチレンとアルミシートという伸縮率の違うもの同士の貼り合わせですから、
どうしてもズレやシワがおこります。
改善できる箇所もいくつか見えたので、量産化にむけて対応して頂こうと思います。


水耕栽培向け育苗用培地『水耕栽培用ウレタンマット』のことなら ↓ http://www.tomiyamass.co.jp/

2017/11/29

芽ねぎ調整。

野菜を収穫し、出荷用にキレイに袋詰めをします。
この作業の事を「調整作業」と言います。(または選別作業とも言うようです)
あまり聞きなれない言葉かもしれません。農業に関係ない友人に「調整したレタス」とか「調整してないままだけど」と話してポカンとされたことありました。
私も初めて聞いたときは同じでしたが。

先日伺った芽ねぎ農家さんで出荷しない多少難有の芽ねぎをたくさん頂いてきました。
難と言っても調整に手間取るような変形してしまったもの、茶色の葉が多く含まれてしまったものですが、見た目には十分食べれます。

頂いてきたのは写真の右側のタイプです。

 
自宅で洗って種を取り除いて、長さをカットして調整作業しました。
パックは以前芽ねぎを作っていた生産者様から頂いた物なので、
当たり前ですが、ジャストフィットです。
お寿司屋さんに売り込みに行きたいくらいでした。






水耕栽培向け育苗用培地『水耕栽培用ウレタンマット』のことなら ↓ http://www.tomiyamass.co.jp/

2017/11/28

紅葉。

週末配達に出ました。
紅葉観光の渋滞でしょうか、高速道路がだいぶ混んでいました。

「紅葉」・・・弊社の拙い写真よりも素敵なブログを紹介します。
http://www.m-mitsuba.com/2017gallery/yujyaku.html

水耕栽培で三つ葉を生産している(有)育葉産業さんのブログです。
水耕業界では、ほとんど取得することがなかった時代にJGAPを取得され、安心安全をもっとうに美味しい三つ葉を生産されています。
HPにもさまざまな情報が提供されているので、良かったらご覧ください。
http://www.m-mitsuba.com/index.html




水耕栽培向け育苗用培地『水耕栽培用ウレタンマット』のことなら ↓ http://www.tomiyamass.co.jp/

2017/11/27

芽ねぎ。

先日、久しぶりに芽ねぎの生産農家さんを訪問しました。
発芽育苗も安定して調子よく育っているとのことで安心しました。
詳しくは明日以降に書いていきます。
 
 


水耕栽培向け育苗用培地『水耕栽培用ウレタンマット』のことなら ↓ http://www.tomiyamass.co.jp/

2017/11/24

低VOC、無臭のPP製品。

先日展示会でいただいた商品見本。
 
 
素材製品名はイノアック社の「フォレック」と言いまして、化学発泡剤を使用せず、特殊発泡技術により製造した微細セルのクリーンな長尺ポリオレフィン発泡シートだそうです。
詳しくはこちら→https://www.inoac.co.jp/folec/about/

上の商品見本の使い方はこんな用途です。
微細セルなので印刷も綺麗にのっていました。




水耕栽培向け育苗用培地『水耕栽培用ウレタンマット』のことなら ↓ http://www.tomiyamass.co.jp/

2017/11/22

こんなお土産も買いました。

国会議員会館の売店で国会議事堂手ぬぐい買いました。
350円2色使ってこの値段、歴代総理の顔のタイプは150円。
生地代にもならないような安い値段で売ってました。
 
亀井堂の瓦煎餅。
 国会議事堂と阿部さんの似顔絵焼印が押されてました。

確かに似てます。
 
あとこんな飴も。

 
トランプ大統領にちなみトランプシールも入ってました。
 


水耕栽培向け育苗用培地『水耕栽培用ウレタンマット』のことなら ↓ http://www.tomiyamass.co.jp/

2017/11/21

迎賓館に入りました。

時々都内を車で通過すると見たことがある迎賓館。
今回、中を見学することが出来ました。
 
と言っても中の写真撮影は禁止なので、じっくりゆっくりと目に焼き付けてきました。
この正面玄関は来賓があったときだけ使用するそうです。
 
 
外から見た玄関です。
 

 
大外の門を中から写してみました。
 
家族へのお土産に迎賓館の写真集を買いました。 

 
これが正面入り口から入った階段部分です。
とにかく豪華絢爛でした。


水耕栽培向け育苗用培地『水耕栽培用ウレタンマット』のことなら ↓ http://www.tomiyamass.co.jp/

2017/11/20

議員会館。

国会議事堂を見学した後は、議員会館へ移動しました。
 
 移動途中、首相官邸も見えました。入口はいつものことながら厳戒態勢。

議員会館では昼食を頂きました。
昨夜は沢山豪華な食事を頂いたので、このくらいの量が丁度よく感じました。
昼食の後は最後の見学場所へ移動です。

この写真見てから気が付いたんですが、議員バッジの形を模したごはんでしょうか?


水耕栽培向け育苗用培地『水耕栽培用ウレタンマット』のことなら ↓ http://www.tomiyamass.co.jp/

2017/11/17

総会翌日は都内観光。

日本ウレタンフォーム商業会の総会翌日は、
改めて関東人として都内観光をしました。
場所は国会議事堂。実は生まれて初めての訪問でした。 

迷路のようにぐるぐると館内を巡りました。
 
皇室の方の控室だそうです。 
 
TVでよく見かける赤じゅうたんの廊下です。

 
ここが議事堂です。衆議院だったかな?
天井のステンドグラスが見たかったのですが、
この位置からは下りてはいけないとのことで残念。
 
外では参加者の皆さんで記念撮影をしました。
この後も見学した場所があるのですが、それはまた来週。

水耕栽培向け育苗用培地『水耕栽培用ウレタンマット』のことなら ↓ http://www.tomiyamass.co.jp/

2017/11/16

日本ウレタンフォーム商業会総会出席。

10月末に日本ウレタンフォーム商業会の総会に出席してきました。
一年に一度総会は関東関西中部と持ち回り幹事という開催で、
今回は関東地区が幹事でした。
 
開催場所はお台場にある東京ベイコートクラブと言うホテルで行われました。
総会の後は宴会、二次会、三次会と交流の場所となりました。
 
関西地区にも水耕向けのウレタンマットを加工している企業があり、
内容の濃い情報交換をさせて頂きました。

 
美味しい食事が続きました。写真はほんの一部ですが、
下のクリームは泡醤油。お刺身をこの泡醤油で頂きました。

こちらのお料理にも泡のソースが。
 
ウレタンフォームだけに泡=フォームを意識した??
美味しい料理の数々でした。

 三次会の部屋からはお台場の夜景が綺麗でした。


水耕栽培向け育苗用培地『水耕栽培用ウレタンマット』のことなら ↓ http://www.tomiyamass.co.jp/